記事の詳細

ネット上での異性へのやり取りは、表情が出ないので最初に思っていた人と違うということもあります。

でも、現実の恋愛や人間関係でもそうです。のりが良くて、いつも誰かと一緒にいないと寂しい人もいます。

 

逆にほどほどの付き合いでいいという方もいます。

善悪はないのです。ただ互いに心地いい関係と言うものが人によって違います。

 

大学受験の時、塾の前で明らかにホストとみられる男性が声をかけてきました。

「おっはー」という当時流行ったネタをふってきましたが、私はノーリアクションです。

もともとそういう軽いノリは苦手です。

あろうことかその男「暗い子だねー、もっとのりよくできないの」と言い放ちました。

その場はしらけました。皆不愉快だったのです。

 

出会い系サイトで知り合った人の中には、頻繁に連絡がないと不安がる方もいます。

ブログ上で仲が良い方には、私は外出してインできない時間帯や確実に連絡がつく時間等伝えてあります。

友人であっても対人不安が強い方は、何かあったのではと思うので、しきりに連絡してきます。

 

その様子で、ああ、この人はきちんとつながった方がいい人なんだなとか、

この時間帯は相手が出来ないんだなと思っておくと互いにストレスがたまります。

 

以前、メールが1日百通、付き合ってもない同性からきて、胃痛がするようになったこともあります。

少し優しくしましたら、性別気にせずべったりになったのです。

ある程度相手にあわせられるのですが、本当に参りました。

出会い系サイトでは費用も掛かりますのでほどほどに。

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る