記事の詳細

出会い系サイトで気に入った相手と出会った。話をしてみますと、楽しい。

軽い気持ちで住所、本名等教えてしまうそういう方も多いでしょう。

でも、自分の手元から出た個人情報は、一体どこまで行くか謎です。

お相手がまともな方でも、今はLINEの乗っ取りなどの問題が増えています。

 

ここで個人情報流出の、実例を出してみましょう。

何故か結婚相談所から「お宅のお坊ちゃまにご縁談を」と来ました。一応女です。

その後も、アダルトの案内などがいもしない男の私に届くようになったのです。

どうも、女学校関係の方で漏れてしまったようです。私の名前は難読漢字で、男性に見えるのです。

 

全部セキュリティをかけ直して、古馴染みに事情を話して対処のしやすいパソコンメールで、連絡を暫くしました。

LINEやフェイスブック等では他の人とつながっていて、漏れてしまうことも多いです。

また、顔写真やペットの名前などでも、個人が特定できるので、できるだけ出さない方がいいでしょう

 

私はフリーランスで短歌なども祖父母の影響で独学でたしなみますので、

雅号で新しく関わる方には呼んでいただいています。

男名に近い音にしていますので、かかってきて欲しくない出会いも排除できます。

嘘ではないですし。本当に大事な方には裏切られてもいいという覚悟でお教えします。

そうした方が、相手を疑ってギクシャクしないで済みますので、

注意しないと画像加工してどうしようもない噂になってしまうことがあります。

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る